オーディブルのおすすめ

HSPと心の整理

【2023年】オーディブル聴き放題のおすすめビジネス書#21

聴き放題オーディブルのすすめ

本棚に並んだ本

キラテンは、心の健康のベビーステップとして、耳からインプットする読書である「オーディオブック」をおすすめしています。

もちろん、本を「読む」利点もたくさんあるのですが、読書習慣が無い人にとっては、いきなり「毎日10分だけ本を読もう!」と意気込むのはハードルが高すぎます。

本を読むメリットと、習慣にするまでのハードル設定は全く別物として区別して考える必要があります。

そこで、ちょうどよい「楽勝で超えられるハードル」がオーディオブックとなるわけです。

ハードルがあるとしたら月額費用くらいです。

もし、その費用が毎月本を一冊分買うくらいだとしたら?

だいぶハードル下がりませんか?

その「もし」を実現してくれているサービスがアマゾンの聴く読書「オーディブル」となります。

\【30日間無料】12万冊以上のオーディオブックが聴き放題 /

今すぐAudibleを体験する

いつでも途中解約OK

オーディブルについてはこちらの記事でも紹介しています。

参考
キラテンポッドキャストタイトル02
オーディブルって何?

HSS型HSPのキラテンは書籍インプットを耳から ゆるFIRE実行中のキラテンが、普段どんな書籍からインプットを得ているのか?という質問は定期的によく頂きます😊 ...

参考
オーディブルのおすすめ
もうすぐFIREの聴く読書「オーディブル」今月のおすすめ書籍#10

もうすぐFIREのキラテンの書籍インプット 今回は、もうすぐfire!のキラテンがいったい日々どんな時間を使っているの?という質問にお答えし、読んでいる書籍の紹 ...

参考
オーディブルのおすすめ
聴く読書「オーディブル」おすすめの使い方#16

オーディブルのおすすめ書籍をご紹介 ベビーステップサポーターとして皆さんの習慣化をお助けする立場のキラテンですが、キラテン自身も常にトレーニング中です。 日々成 ...

先月インプットしたリスニングタイムやおすすめ本など、音声とブログでお伝えしていきます。

↓ポッドキャストはこちら

オーディブルは聴き放題だからこそ記録が大事

スマートフォンとイヤフォンと本

オーディブルは、「耳で読書が出来る」という特徴がありますが、キラテンは「インプット量を数値化して視覚的に学んだ実感を得られる」機能にも大いに着目しています。

一ヶ月でどんな書籍を何時間インプットしたのか?という過去のログは、未来の自分を示すヒントを多分に秘めています。

そして何より、私と同じようなHSS型HPSの「繊細さん」気質の人にとっては、ありがたい自己肯定につながります。

繊細さんは、自分のやってきた事を正しくカウントするのが苦手なので、ログが無いと「何も出来てない」と早合点して自分を追い込んでしまいます。

これだけやってる私、なかなかやるやん!」という実感は大事です。

更に、読書の感想を仲間と分かち合う際にも、数値化されたログがあればシェアしやすいという利点もあります。

※「分かち合い」は仲間とフィードバックするワークとして、キラテンのベビーステップサポーター講座で活用しています。

では、オーディブルのおすすめ機能を活用し、キラテンが先月11月にインプットしたオーディブルのリスニングタイムを振り返ります。

年月リスニングタイム書籍数
2022年11月34時間15分28冊分
キラテンのオーディブル記録

オーディブル月額利用料は月1,500円(執筆時)です。
書籍28冊分のインプット量を、書籍約1冊分のお金でまかなえていると考えたらコストパフォーマンスは良いと言えるのではないでしょうか。

更に、目を節約できる読書なので、健康面の配慮もバッチリ!

\【30日間無料】12万冊以上のオーディオブックが聴き放題 /

今すぐAudibleを体験する

いつでも途中解約OK

オーディブルのおすすめ書籍

キラテンの11月インプット書籍一覧は下記の通りです。

キラテンのオーディブル11月

オーディブルのwebページやアプリでは、聴いた本の記録は残りますが、「いつ聴いた?」という日時の記録は直近分しか残せないので、ログを取る際は月一回くらいの振り返りで行ってもらうのがベターです。

キラテンがこの月で印象に残ったおすすめ作品は、

飲茶(やむちゃ)さん著、「史上最強の哲学入門 (河出文庫)」という本です。

カバーイラスト、どこかで見覚えあるタッチだと思いませんか?
そうです!「グラップラー刃牙」シリーズの板垣恵介さん描き下ろしなのです!!
テンションあがります。

なぜ刃牙で無くてはならないのか?
当然、そこにはしっかりした意味とストーリーがあります。

作者の飲茶さんはこう考えたそうです。

哲学者の偉人をただただ羅列して紹介した所で、どんな意味があるのだろう?
それって自分のやるべき事だろうか?
自分が読者だったらそんな本読みたいだろうか?

そんな自問自答の中で見出した答えが、刃牙の「この世で一番強い者集まれぇー!」という世界観を哲学界でもやってみようじゃあないかッ!というぶっとんだ発想でした。

最高の真理を求めた哲学者たちの熱き流儀バトル!
ソクラテス・デカルト・ニーチェなど有名な哲学者から、ルサンチマンやエピクロスなどエッジが効いた偉人まで、総勢32人を一同に集めたパラレルワールド展開がとっても爽快で面白かったです。

私も、仮にこんなお仕事の依頼があったらきっと似たような心境になるだろうなと思い、飲茶さんにシンパシーを感じながら、思考回路が似ている点を楽しみながら読めました。

後は、加谷珪一 さんの【お金は「歴史」で儲けなさい】も良いインプットが出来ました。

加谷さんの観点に共感したのが、「歴史にヒントあり」という要素です。

キラテンは仕事がデキるわけでもなく、HSS型HSPという、どちらかというと日本では収入があがりにくい(と言われている)気質でもあるので、世の中のハウツー本なんかが謳っている成功法則では全く太刀打ちできません

だからこそ、天才でも強運でもない人がお金を儲ける方法を徹底的に実行し続けました。

やってきた事が間違いじゃあなかったな、と安心できたと同時に、学び直すきっかけをいただけた本でもありました。

「学び直し」とは、キラテンのマネーリテラシーというビジネスを見直した、という意味です。

もともと、日本は性教育とお金の教育が遅れている、という現状から、キラテンはお金の教育に貢献したいと考え、マネーリテラシーを上げる活動をしている日本私産運用協会の門を叩いたのですが、活動を進める中で、昨今の「FIREブーム」に乗じたサービスを展開している(日本私産運用協会では無い)方々に対する違和感が抑えきれなくなるほど大きくなってきたのです。

そんな心境の中、加谷さんの本を味わってインプットすると、自分の中にある人脈の洗い直しが出来たのです。

ありがたいことに、キラテンの人脈には、歴史上に名を残した偉人の末裔の方々がおられます。
その人脈に身を置き自分の次のビジネス展開の情報交換をさせていただく中で、新たな展開が芽生え、学び直しが出来ました。

もっと語りたいですが、本筋からずれるので詳しくはまた別の機会で話しますね。

こんな感じで、本の内容そのものとプラスして、付随した気づきを得られて次のアクションにつながる事もありますよね。

だから本との出会いは楽しいッ!
読書習慣がある方も無い方も、ぜひオーディブルインプットで気づきの倍倍法則を楽しんでみてください。

\【30日間無料】12万冊以上のオーディオブックが聴き放題 /

今すぐAudibleを体験する

いつでも途中解約OK

聴き放題のオーディブルは「窓口」の役割

ヘッドフォンをもつ女性

サブスクなら、「ちょっと気になった本」も抵抗なく「試し読み(聴き)」ができますよね!
前回でも触れた「本のジャケ買い」を促進できるのがオーディブルの醍醐味です。

キラテンは、オーディブルを使用することにより、本を選ぶという「決断」の思考をゼロにして、「まず聴いてみる」というアクションのベビーステップとして活用しています。

つまり、聴いてみて本当に面白かったら、その本を購入するのです。

一見遠回りのように感じますが、冷静に考えてみると利点がいっぱいです。

例えば時間。

なんとなく書店にいき、なんとなく本を探す約30分
その本を買うかどうか迷う約15分
手元にある本を読み始めるまで約15分

合計で約1時間を一冊本を買って読もうかどうかに費やしているとします。

本をチョイスして手元に届き読み始めるまでに1時間かけているのです。
厳密には、読み始めるまではもっと時間がかかっているはずです。
この「決断」や「迷い」という時間の間に、オーディブル2.8倍速再生なら1〜2冊はインプットできます。

可能性がある複数の候補を片っ端から読み(聴き)漁り、これだ!と思ったものだけを迷いなく購入できるのです。

「(迷いや決断までの強い意志表示の為に身体が)止まっている状態の時間が無い」というのは、HSS型HSPのキラテンには申し分ないメリットです。

買おうかどうかの迷い時間ゼロで、届いたらすぐ読みます。
読みます、というより書き込みまくって自分のノートに出来ます。

なぜなら、オーディブルで聴いた本は、「内容を覚えるため」では無いからです。
耳から聴いた内容だけの状態で「覚える」のは脳の構造でいうとかなり無理があります。

覚えるのでは無く、「(今の)自分にとって必要な情報が詰まっているか?」「今の活動で欲しいエビデンスが掲載されているか?」といったジャッジだけに専念している状態に近いのです。

更に、上記の例で言うと、1時間かけて結局「買わない」「読まない」という結果になった場合、、、

迷う時間を費やしてインプットがゼロ・・・

これは人生の時間活用という観点では、かなりロスが多いと感じます。キラテンは。

ぜひ、オーディブルを、追求すべき「知」が掲載されている本に出会うための「窓口」にしてみてください✨

\【30日間無料】12万冊以上のオーディオブックが聴き放題 /

今すぐAudibleを体験する

いつでも途中解約OK

テレビでもおすすめしているオーディブル

オーディオブック市場は増加の一途をたどり、アメリカでは1600億円以上の市場規模があると言われています。

日本でもテレビコマーシャルなど目につく事が多くなってきましたね📺

下記はオーディブルの競合となるオーディオブックサービス「audiobook․jp」の会員数が5年で13倍👀となる250万人を突破したグラフです。

オーディオブック会員グラフ
参照:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000238.000034798.html

目を節約したい、手ぶら好き、出張などの移動時間活用、という3つの理由からキラテンはオーディオブックサービスをチョイスし、中でも「オーディブル」が最も、ラインナップ、価格、アプリの操作性の満足度が高いと感じております😁

移動時間が多い人や、家事などのながら作業に空いている耳を活かしたい!と考えているあなたには特にオススメです👍

\【30日間無料】12万冊以上のオーディオブックが聴き放題 /

今すぐAudibleを体験する

いつでも途中解約OK

オーディブルと親和性の高いポッドキャストもおすすめ

キラテンポッドキャスト登録

キラテンでは日々の活動を毎週ポッドキャストで配信しています。

オーディオブックには興味があるけど有料で導入するまではちょっと・・・と感じたら、まずはキラテンの無料ポッドキャスト登録をベビーステップにしてみてください。

ちなみに、オーディブルのアプリなら、ポッドキャスト検索&再生も出来ますので、書籍の合間にポッドキャストもつまみ食い・・・という楽しみ方ができます^^

自動でダウンロードされ、オフラインでも再生できる無料ポッドキャストで週に一回、読書情報や役立つライフハックをインプットする習慣を持つと、自分に自信がつくかも!

Appleポッドキャスト

Spotifyポッドキャスト

Amazon music

Googleポッドキャスト

ラジオの感想や、マニアックトークに付き合って!など、ご相談はキラテンのLINE公式アカウントからお友達登録してもらい、お気軽にご連絡ください。🖖リクエスト受付中です⭐

ライン公式アカウントロゴ

その他、ポッドキャスト運営やHSS型HSPの分かち合いをもっと聴きたい!という方は、無料Zoom相談をご活用くださいね🌈

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

キラテン

HSS型HSPキラテン【経歴】20代でIT起業 ▶︎ 30代で家業の製造業にDX促進 ▶︎ 40代で4つの会社役員を兼任 ▶︎ 意識高いだけは嫌い ▶︎ 行動が伴うちょいバカが好き | 脱炭素まちづくりカレッジ公認ファシリテーター | 日本私産運用協会 認定講師 | ギター弾き語りとドラムが得意

-HSPと心の整理
-, ,