年金2000万円問題には積立が一番効果的?お金のプロが音声解説

お金

生活を支える上で考えるべき「3つの寿命」ー
その中でも「健康寿命」と「資産寿命」のバランスはとても重要です。

今回はお金のプロであるトキサダ先生から、「資産寿命」についてのアドバイスを頂きました。

万人に共通する最も効果的な手法は「積立」なのですが、何歳からはじめるのが良いのか?どれくらい積み立てたら良いのか?気になるお金の悩みを、わかりやすく解説してお届けします。

トキサダ
トキサダ

積立のアドバイスは、とにかく「いちはやく始める」!

無いものを増やす事はできないので、1日でもはやく着手する意識が大事です。

遊びたいざかりの20代でも積立を開始した方が良いの?

トキサダ
トキサダ

例えば、老後3,000万を用意するという計算をすると、

25歳からなら、毎月63,000円
40歳からなら、毎月10万
55歳からだと、毎月25万円

という負担になります。

生活費とは別でこの金額は相当すごい、、、

40代は子供へのお金が必要だし、そこまで積立できるかな、、、

金額だけ見ると、かなりの負担になりますが、出来る事を無理なく行動に移していくのがトキサダ流!

トキサダ
トキサダ

あくまで目安の事例です。
大事なのは、金額より「はやく着手する」意識です。

夏休みの宿題と同じで、後になればなるほど、自分の首が締まっていきます。

年齢が重なった時に、土台となる貯蓄が0円だと相当な負担となります。

少しでも積立があれば、精神的にもグッと楽になりますので、ご自分の生活シーンの中から、出来ることを見つけて行きましょう。

文字だけでは伝わらない肉声の説得力を、ぜひ聴いてみてください。

▼キラテンJust Push Play♪

コメント