妙晶さんとアドバイス

人間関係

「話し合いとは、すなわち聴く事だ」!25歳女性の現役お坊さんが説く人生の格言がスゴすぎる!

2020年7月24日

「上司が自分を理解してくれない」
「会社がちゃんと評価してくれない」
「女性の働き方ってまだまだ困難だらけだー」

など、30代女性の仕事の悩みは尽きないですね。

そんな悩みを、現役女性お坊さんの妙晶さんにお答え頂きます。

[temp id=18]

お坊さんからの音声メッセージはポッドキャストから

下記の内容は専門家、妙晶さんの肉声で聴く事もできます。

[temp id=6]

皆様にあったプラットフォームでお楽しみください。

人間関係のお悩みにが答えるタイムコード

[temp id=14]

00:00:06 順天堂 人間関係の専門家、妙晶さんに来ていただいております。
00:00:10 妙晶 お願いします。

00:00:18 順天堂 30代の女性が仕事に対して抱える悩みを調査しました。「上司に理解されない」「会社が評価してくれない」というお悩みが多いようです。

00:00:44 順天堂 40代より上の世代って、女性は社会進出しにくいという流れでの戦いがあったと思うんですけど、30代女性は「働くステージ」は揃えてもらったんだけども、その次のステップになかなかいけない!という悩みが多い印象でした。

00:01:15 妙晶 そうですね。特に女性のお悩みということですが、私も仏教・お坊さん業界ていう男性社会ですので(笑)、こういう悩みは共感できます。

00:01:51 妙晶 30代って新人とは言い難いし、かといってベテランと言うにはまだまだ上の方がたくさんいらっしゃって難しいですよね。

00:02:13 妙晶 理解してもらえない、とか、評価してくれない、というのは、女性に限らず、たぶん男性でも同じなのかなと感じます。

00:02:26 妙晶 自分の努力を全部評価してもらうっている人って少ないのが現実なのでは無いでしょうか。

00:02:39 順天堂 確かにそうですね。

女性お坊さんと袈裟

00:02:46 妙晶 全てを評価することって無理なんですよね。仏の教えでは、人間が一緒に生きる上で一番必要なのは「相手に対しても聞く耳を持つ」ことと言われています。

00:02:58 妙晶 そもそも人間という生き物は、今生きてる他の動物とかも含めてそうなんですけど、別の考え方を持った生き物が同じ世界で一緒に生きてるんですよ。

00:03:11 妙晶 生まれた瞬間にそれぞれが別の考え方を持ってるわけです。

00:03:16 妙晶 何が正しくて何が間違ってるとか、何が素晴らしくって何がダメなのか・・・その違いをまず理解する事が先決です。

00:03:26 妙晶 あの人と自分は別の考えである。その上で相手はどういう考え方を持っているのかっていうことをまず自分が知るのです。

00:03:37 妙晶 そして、それに対して納得する必要はないんです。相手の意見を全部鵜呑みにする必要はなくて、互いの意見を受け止めた上で妥協点を探ることが一番必要なのです。

00:04:00 妙晶 お互いの譲れない部分は何で、どうやったらお互いギリギリまで譲ることができるのかっていう事を探っていく。そのために「聞く耳を持ちましょう」という事なのです。

00:04:24 妙晶 自分の意見を「言う」だけじゃなくって、まず「聞く」。厳密には耳を傾けて「聴く」という姿勢が先です。

00:04:34 妙晶 「話をする」という行為は、すなわち「聴くこと」なんです。

00:04:45 順天堂 「話し合いとは、すなわち聴く事」。深いッ!!

00:04:48 妙晶 話す事って、言葉を発することみたいに思ってしまいますが、人間がお互いに言葉を「話す」だけだと会話にならないですよね?

00:05:00 妙晶 自分が聞いて、その後自分が聞いた言葉に対して返して。また向こうがその言葉を聞いてくれる。聴くことで成り立つ行為なんです、話って。

00:05:14 妙晶 だからまず「聴いて」みる。そして上司が理解してくれなかったり、会社が評価してくれないって思うんだったら、自分が聴いてもらう姿勢をとるのです。

00:05:28 妙晶 何を理解してほしいのか?を明確にするのです。上司に対して「私はこういうことを理解して欲しい」と言葉や行動で示すのです。

00:05:44 妙晶 こんなに理解して欲しくて、こんなに私頑張ってるのに何であの人は見てないんだろう?って思うんじゃなくって、こんなに頑張っているし見て欲しいから見せに行くっていう姿勢が一番大事だと思いますね。

00:06:03 妙晶 30代女性の働き方っていうのはまだ「新しい」幕開けなので、受け皿が整ってないと思います。こっちが「教えてあげる」ぐらいの気持ちで良いんじゃないかなって思います。

女性と袈裟

00:06:29 妙晶 30代女性が、その基盤を今作ってくださっているわけです。その後ろには、まだ続いていく人がいるのです。後世の女性のための道を切り開いているんだ!という気持ちで立ち向かってもらったら、やりがいも湧いてくると思います。

00:07:13 順天堂 何か闇雲に見えない敵と戦うよりも、未来の為に奮闘しているソルジャーなんだ!という気概の方がわかりやすいですね。

00:07:51 順天堂 私は独立起業のコンサルタントをしているのですが、その仕事を通じてでも、女性という人間の魅力や能力で、しっかりと仕事をして稼ぐというスタイルは今後ますます求められてくる事を肌で感じています。

00:08:08 妙晶 女性という肩書きに負けず、まずは理解してもらうための「聴く姿勢」をとってください。

00:08:29 順天堂 「頑張っている私はこういう風に思って欲しいから、ここ見てください」っていう風に主張したら、「アピールしてる」とマイナスにとられたりしないですか?

00:08:47 妙晶 それはもうやっぱり、やり切るしかないと私は思っていますね。結果が出るまでやり切っちゃえば、それが正義になります。

00:08:58 妙晶 逆に途中で言葉に負けて辞めちゃったら相手の言った通りになってしまったっていう事になり、「やはりアピールだったのか」となりますよね。

00:09:17 妙晶 成果が出るまでやり切ってみる意志が大事です。

00:10:17 順天堂 ありがとうございます。では、妙晶さんからお知らせがあります。

00:10:21 妙晶 今回のようなお悩みを抱えている女性の方々は、やっぱり頑張って最後までやりきろうって思っても途中で心のエネルギーが減ってくる時があると思います。

00:10:34 妙晶 そういう方に向けて私は「心のごはん屋さん」っていうサービスを開始しました。

00:10:42 妙晶 心がちょっと疲れたなーっていう時にカウンセリングとか、そこまでじゃないけど、ちょっと心に栄養が欲しいって言う時、普段頑張ってる自分に対するご褒美が欲しい時、きっとあると思います。

00:11:01 妙晶 そんな皆さんに、少しヒアリングをして、妙晶が皆さんにお手紙を書いたりプレゼント送ったり、というサービスです。

00:11:08 順天堂 下記のお知らせにURLを記載しますね。

00:11:20 順天堂 これ、まだサービス開始したばかりなので妙晶さん直々のお手紙やプレゼントなんですよね?

00:11:23 妙晶 はい。

00:11:25 順天堂 サービス拡大しちゃうと妙晶さんじゃないお坊さんに変わる可能性があるので、お早めの申込がお得ですね!

[temp id=20]

[temp id=19]

[temp id=17]

-人間関係
-,

© 2018 kiraten Powered by AFFINGER5